久しぶりにマレフェ(プロゲステロン)を飲み始めました。女性ホルモンを始めてしばらくの間は、男性ホルモンを抑えるお薬やプロゲステロンを飲んだりしていましたが、睾丸摘出した後はあまり飲んでいませんでした。5日くらい前に、以前大量に買っておいたマレフェを発見。もったいないので、飲んでみたところいい感じです。

何がいいかというと、バストの張りがアップしたのと、肌が柔らかくなったことです。悪くいうとぽっちゃりしたのかもですが、太ももとか太ももとかお尻とかは大きいほうが女性的ですよね。プロゲステロンをとると、エストロゲンだけの時よりも体つきが女性的になる気がします。

MTFがプロゲステロンを飲む理由としては、ホルモンのフィードバックによって男性ホルモンを抑える目的と、バストアップを期待してです。よくプロゲステロンを使うべきかどうか議論になることがありますが、私はプロゲステロン賛成派です。ただし、プロゲステロンにも副作用がありますので、体調がよくない人やプロゲステロンが合わない人はやめておいた方がいいと思います。

プロゲステロンって何?

プロゲステロンとは女性ホルモンの1つです。女性ホルモンには大きく分けて、エストロゲンとプロゲステロンがあります。MTFに馴染みが深いのはエストロゲンだと思います。ホルモン療法でよく使われる、プレマリンとかプロギノン・デポー、ペラニンデポーはエストロゲンのお薬です。ホルモン療法では主にエストロゲンが使われますが、場合によってはプロゲステロンを組み合わせることもあります。

プロゲステロンを使った方がいいと思う理由は、生まれながらの女性の体にはエストロゲンとプロゲステロンがあって、生理周期に合わせてバランスが変動しているからです。女性の体はエストロゲンだけではなく、プロゲステロンの影響も受けています。プロゲステロンの働きですが、Wikipediaでは次のように説明されています。

生体内で黄体ホルモンとして働いている物質のほとんどがプロゲステロンである。黄体ホルモンの主な働きは、女性の体、特に子宮を妊娠の準備をするように変化させ、月経周期を決めて、もし妊娠が起こった場合には、出産までの間、妊娠を維持させる役目を果たすことなどである。

Wikipedia「プロゲステロン」より

簡単に言うと、プロゲステロンは妊娠できる状態にしたり、妊娠を助けるホルモンなのです。プロゲステロンが多ければいいと言う意味ではありません、念のために。ホルモンバランスが保たれているのが一番いいです。プロゲステロンが増えると、体温があがります。

MTF・ニューハーフがプロゲステロンを使う理由

 残念なことですが、ニューハーフやMTFが妊娠することはできません。では、なぜそれなのにプロゲステロンを使うのでしょうか。それは、プロゲステロンを外部から入れることによって、体が性ホルモン(女性ホルモン・男性ホルモン含めて)が多くあると認識する結果、性ホルモン(MTFの場合は男性ホルモン)の生成を抑えることができるからです。元男性が使用することで、男性ホルモンを下げられます。これが、性同一性障害MTFの治療でプロゲステロンが使われる理由です。

もう一つは、バストアップです。プロゲステロンは乳腺をしげきします。その結果、バストアップが期待できるわけです。生まれながらの女性で、生理前に胸が張る感じがすることがあるようですが、それはプロゲステロンによって胸が刺激されて一時的に大きくなったいるからです。

あと最後に、私がプロゲステロンを使う理由なのですが、それは生まれながらの女性にはプロゲステロンがあるんだから、MTFにもあったほうがいいではという単純な考えです。プロゲステロンの働きについては先ほど軽く紹介しました。しかし、働きはそれだけではない気がするんです。なんか、女性を女性たらしめているのはエストロゲンではなく、実はプロゲステロンなのではないかと思うことがあります。実はエストロゲンとプロゲステロンのハーモニーによって女性らしい体ができているのではないか、という考えです。もちろん確かな根拠はありませんが、純女にあるんだったらあった方がいいと思いませんか?

また、生まれながらの女性が妊娠できる状態になるにはプロゲステロンが必要ということは、プロゲステロンがあった方が妊娠できる状態に近づける気がするのです(もちろん不可能ですが)。男性と女性の恋愛は、人間の社会によって決まっていて単純ではありませんが、動物のオスとメスの恋愛は子孫を残すための本能だったりします。プロゲステロンがあった方が、オス(男性)にたいして妊娠できる(=いいメス)とアピールできるかも?! 例えば、プロゲステロンを使うと女性らしい匂いに体臭が変わる気がします(気のせいかもしれません)。フェロモン出てる? プロゲステロンを使った方がモテるかもって信じています笑

こんな理由から、しばらくプロゲステロンを使ってみます。

プロゲステロンには、副作用があるのと、うつになりやすいといわれているので、飲酒・喫煙をする人や年齢の高い人持病のある人などリスクの高い人や、うつっぽい人メンタル不調の人はやめておいた方がいいと思います。また、長い間続けるのはよくないと言う説もあるので、長期にわたって大量に使い続けるのはやめた方が無難です。

国内で処方されているプロゲステロンは、プロベラ錠2.5mgやプロゲストン錠5mgがあります。

個人輸入できるお薬では、マレフェMTF10mgメプレート 10mgメプレート 2.5mgです。

私はマレフェ10mgを夜に服用していますが、この量は結構多いと思います。人によっては副作用が強く出ることもあるので、まずは少量から試した方がいいです。

マレフェMTF10mg 1箱100錠入り↓

 

メプレート10mg 1箱100錠入り↓

メプレート 10mg

 

※個人輸入でのお薬の服用は自己責任です。また、医師の治療を受けている方は、医師の指示にしたかってください。

ランキング参加しています! 応援よろしくお願いします(^^♪

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村